「手が描けない!」男女の手の描き分け方のコツを画像付きで解説

「男女で手を描き分けることができない!!」

「男女の手の違いは?」

そんな方に向けてこの記事を書いています。

 

男性キャラばかり女性キャラばかり描いてると、いざいつもと違う性別のキャラの手を描く時に「どうやって描くんだっけ?」と悩むことがあると思います。

そこで今回は、そんな悩みを解決する為に男女の手の描き分け方をご紹介します。

 

まずは男女の手の絵をみてください!!

男性キャラの手

 

 

女性キャラの手

2つの絵を見ていただいて男女の手の違いがわかりましたか?

もし「あまり違いがわからない」思われたのなら、これを描いた僕の能力不足です。すいません…

正直これだけでは僕もわかりにくいと思いましたので、これから細かく説明していきます。

 

男性キャラの手を描くときのコツ

パッと見た印象では、男性キャラの手は全体的にゴツゴツしていて分厚い印象を感じられると思います。

 

男性キャラの手を描くコツは5つあります。

 

1、関節と筋肉が強調され分厚くゴツゴツした手にする

“関節”“筋肉”が男性キャラの手を描くうえで重要なキーワードになります。

男性の方が関節も筋肉も大きいので、そこを強調して描くことで男性らしいゴツゴツした手になります。

 

“関節”を表現するコツは「角ばった線を描くこと」

 

“筋肉”を表現するコツは「太く描くこと」「質感を出す為に描き込みを増やすこと」

 

2、指に段差をつける

関節が太いので、指にガタガタと段差ができます。

男らしい指を描く場合は、関節を強調するのがポイントです。

 

3、指の先端を平たくする

男キャラの場合、深爪にしておく方が男性らしさと清潔感が出ます。

深爪の影響で、指先が平たくなります。

 

4、手の中に描き込みをする

手の平や手の甲にある、筋肉や骨のラインを強調して描き込むことで、分厚い男らしい手の質感を表現しています。

 

5、手首を太めに描く

男性の方が手首が太いので太く描くと男性らしい手首になります

細いと弱々しい印象を与えてししまいます。

 

女キャラの手を描くときのコツ

パッと見た印象では、女キャラの手は全体的にしなやかで、綺麗な曲線で描かれている印象を感じられると思います。

 

女性キャラの手を描くコツ5つあります。

 

1、全体的にしなやかでふっくらした線で描く

“しなやか”“ふっくら”が女性キャラの手を描くうえで重要なキーワードになります。

 

女性の場合は、脂肪があるので丸みのある曲線で描くことで女性らしい手になります。

しなやかさを出す為に関節や筋肉を強調しないように描くのが重要です。

 

2、指に段差をつけない

男性キャラの場合では、指に段差があり関節が強調されて描かれているのですが、

女性の場合は、あまり関節のラインを出さないようにした方が綺麗な手になります。

 

しなやかに、スーっと曲線を引くとそれっぽくなります。

 

3、指の先端を鋭くする

指先より爪が前に出て爪が尖っている方が、女性らしい指先になると思います。

爪が指先より前にあるのでアウトラインだけ見ると尖っている鋭い指先になります。

 

4、手の中にあまり線を描かない

手の平や手の甲にあまり描き込みを入れると、硬い印象を与えてしまいます。

先ほども言いましたが、“しなやか”“ふっくら”が女性キャラの手を描くうえで重要なキーワードになります。

“しなやか”と”ふっくら”な絵を描く為には、手の中の描き込みを控えた方が上手く表現できます。

 

5、手首を細く、凹凸を作らないように描く

男性に比べ、女性の手首は細く凹凸が少ないです。

凹凸を作らないように、しなやかで細い手首を描くのがポイントです。

 

簡単に色を塗るとこんな感じです。ちなみにこれは女性の手です。

 

手の描き方に関する記事はこちら

「手が描けない!」誰でも簡単にリアルな手を描く方法とコツを解説(画像付き)

「手が描けない・・・」手の構造と比率を理解すれば簡単に手が描ける

 

男女の手の描き分け方まとめ

いかがでしたか?

男女の手の描き分けは、慣れればそんなに難しいものでは無いので、何度か模写してもらうと、描き分け方がわかってくると思います。

 

この記事を最後まで読んでいただいてありがとうございました。