「早く絵を完成させたい人必見」クリスタの絶対知っておくべきショートカットキーまとめ

「もっと早く絵を完成させたい」

「描くのに時間がかかってしんどい…」

 

そんな方に向けて、作業効率を高める為に最低限知っておくべきクリスタのショートカットキーをまとめました。

 

基本的にはWindowsを前提にまとめましたが、macOSをお使いの方は、こちらの表を参考にすると同じ操作ができるはずです。

Windows macOS
Alt Option
Ctrl Command
Enter  Return

 

特に覚えておいた方がいいものには「★」マークが付いています。

 

表示に関するショートカットキー

手のひら(移動)★ H
虫めがね(拡大・縮小)★ /
 回転(移動)★ R
全体表示 Ctrl + 0
表示位置をリセット Ctrl + @

 

手のひら、虫めがね、回転は効率的な作画をする為に特に重要になるショートカットキーです。

必要に応じて、ショートカッキーの配置を使いやすいように変えることをおすすめします。

 

描画に関するショートカットキー

ペン★ P
鉛筆 P
B
エアブラシ B
消しゴム★ E
描画色と透明色の切り替え C
メインカラーとサブカラーの切り替え X
スポイト★ I
塗りつぶし★ G
図形 U

 

漫画を描く人とイラストを描く人で、使う機能はぜんぜん違うのですが、どちらも共通して覚えておくといいショートカットキーは、ペンと消しゴムです。

ペンの場合は自分が一番よく使うメインのペンをショートカットキーに設定しておくと、より効率的な作画ができます。

 

塗りを行う場合は、スポイトや塗りつぶしのショートカットキーを覚えておくと便利です。

 

ファイル・メニューに関するショートカットキー

新規 Ctrl + N
開く Ctrl + O
閉じる Ctrl + W
保存★ Ctrl + S
別名で保存 Ctrl + Alt + S

 

ファイルに関するショートカットキーは、保存だけ覚えておけばいいと思います。

 

保存はこまめにしないと急にパソコンが落ちた時などに一気にデータが消える可能性があります。

なので、使用頻度が高い「保存」のショートカットキーは覚えておくことをおすすめします。

 

新規作成や別名で保存などは使用頻度が低いので、直接アイコンをクリックして行えばいいと思います。

 

編集メニューに関するショートカットキー

取り消し★ Ctrl + Z
やり直し★ Ctrl + Y
切り取り Ctrl + X , F2
コピー★ Ctrl + C , F3
貼り付け★ Ctrl + V , F4
拡大・縮小・回転★ Ctrl + T
自由変形★ Ctrl + Shift + T

 

編集に関するショートカットキーはたくさん覚える必要があります。

理由は、編集に関する操作はデジタルイラスト ではよく行う操作だからです。

 

特に重要なのは「取り消し」と「やり直し」です。

この2つは、絶対に覚えておきたいショートカットキーです。

 

それ以外では「コピー」「貼り付け」「拡大・縮小・回転」「自由変形」あたりも知っておくとより効率的な作画が可能になります。

 

選択に関するショートカットキー

すべてを選択★ Ctrl + A
選択を解除★ Ctrl + C
選択範囲を反転 Ctrl + Shift + I
選択範囲外を消去 Ctrl + Del

 

選択に関する作業なら「すべてを選択」「選択を解除」は覚えておきたいショートカットキーです。

 

レイヤーに関するショートカットキー

下のレイヤーをクリッピング Ctrl + Alt + G
下のレイヤーと結合 Ctrl + E
新規ラスターレイヤーを作成★ Ctrl + Shift + N

レイヤーをたくさん使う人は「新規ラスターレイヤーを作成」のショートカットキーを覚えておきましょう。

 

3〜5枚程度のレイヤーで絵が描ける人は、覚える必要はありません。

 

※ラスターレイヤーとは、線画、塗り、などに使われる一般的なレイヤーのことです。

 

クリップスタジオに関するおすすめ記事

「みんな!キャンバスサイズってどうしてる?」設定で悩んだ時に見る記事

クリスタで綺麗に塗りつぶせるペンの設定方法「初心者でも”はみ出さない”で塗れる」

「レイヤー操作の基本を学ぶ!」初心者向けクリスタのレイヤーの使い方講座

『クリップスタジオEx』がデジタル漫画の制作におすすめなソフトである理由

 

クリスタの絶対知っておくべきショートカットキーまとめ

いかがでしたか?

 

ショートカットキーを覚えれば一気に作業効率が上がります。

より早く絵を完成させたいと思う方はぜひショートカットキーを覚えてみてください。

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。