「資料が見つからない!」絵師におすすめの10の資料サイトを紹介

「ロボットの絵を描きたいけど描き方が分からん!!」

「いい資料が見つからない…」

欲しい資料が見つからず、ネットの中をうろうろしているうちに時間が過ぎていくなんてことがよくあると思います。

 

そこで今回は、自分の求める資料にすぐに辿りつくことができる、おすすめ資料集め用サイトを6つ紹介します。

 

その1:Google画像検索

とりあえずはググるのが一番だと思います

 

資料集めの最初のアクションはググることです!!

 

類似の画像を検索することできるので、かなり汎用性の高い検索方法だと思います。

Google画像検索の画像検索の方法は、テキスト欄の横にあるカメラアイコンを押すとできます。

 

Google画像検索

その2: pinterest(ピンタレスト)

「困った時のピンタレスト!!」

 

私が一番おすすめする資料集め用のサイトは間違いなくピンタレストです。

 

海外の画像やイラストが多く、画像一枚一枚の質がかなり高いです。

 

アカウントを作ると、自分が気に入った画像をカテゴリー別に保存、管理することができ、

それに加えて、ピンタレストを開いたときに自分の好みにあった画像がすでに表示されているのも素晴らしいです。

 

イメージを掴みたいならピンタレストで決まりです。

 

pinterest

その3: 漫画の資料ドットネット

漫画やイラストの資料素材を購入できるサイト、購入した素材はもちろんトレース可能なので下書きを描くのが「めんどくせぇ」と思う人はぜひ使って見てください。

 

セーラー服、メイド服、スーツ姿、などを着た可愛い女の子の資料や、ビルや商店街などの背景資料もあります。

 

セーラー服の資料の価格は1980円でセーラー服・女子高生の写真資料が1592枚収録されています。

 

まぁでも有料なので、あまりおすすめしません・・・

 

漫画の資料ドットネット

その4: pixiv

pixivと言えば国内最大のイラスト 投稿サイトですよね。

 

イラストを描いてる人で知らない人はいないくらい有名なサイトです。

 

絵柄・画風・描画テクニックの参考資料を見つけるならpixivがおすすめです。

 

pixiv

その5: PixiVision

大手イラスト投稿サイトPixivが運営するイラスト情報サイトで、Pixivユーザーがあげている作画資料を閲覧できます。

 

痒いところに手が届くようなサイトで、描き方がわからないときは一旦ここで調べることをおすすめします。

 

どちらかと言えば描き方を紹介しているサイトなので、「体の描き方がわからない!!」とか「髪の毛の描き方がわからない!!」という時に使ってください

 

資料ではなく講座的な使い方がいいかもしれません。

 

PixiVision

その6: deviantART

deviantartは、海外版のpixiv的なサイトです。

 

deviantartの凄さは、その世界最大のアートコミュニティサイトで圧倒的な数の登録者数がいることです。

イラスト だけでなく、コスプレ、写真、漫画など幅広いアート作品が掲載されているサイトです。

 

deviantART

その7: ArtStation

3D系のアート作品に特化しているコミュニティサイトです。

世界中のCGアーティストが使っているので、レベルの高い画像ばかりで絵に興味がない人でも楽しめます。

 

もちろ画像の質も世界レベルなので、イラスト 用の資料にうってつけです。

 

ArtStation

その8: CGWALL

CGWALLは中国最大のコミュニティサイトで、日本のサイトでは見られないような画像やイラスト がたくさんあります。

新しい画風や絵柄を発見できる素晴らしいサイトです。

 

もちろん資料集めにも使えるサイトです。

 

ただ中国語で検索をする必要があるのが面倒です、まぁ日本人ならなんとなくそれっぽい漢字を打ち込めばそれっぽい画像が出てきますがww

CGWALL

その9: 人体デッサンのポーズ集360度

人体の3Dポーズが見られるサイトで、グルグルと360度3DCGのモデルを回転させられます。

 

骨だけの3Dモデルもあり、骨格の勉強しようと思っている方にはかなりおすすめのサイトです。

 

それ以外にもセクシーなポーズ、モデルポーズなど様々なポーズがあるのでかなり便利なサイトです。

 

立体的な絵を描きたい人はこちらのサイトを使ってみてください

 

人体デッサンのポーズ集360度

その10: POSEMANIACS

3Dモデルを使った絵の練習サイトで、”30秒ドローイング”で有名なサイトです。

 

30秒ドローイングの効果自体は怪しいですが、この筋肉の状態がよくわかる3Dモデルはかなりいい資料になると思います。

 

3Dモデルには、男性、かなりマッチョな男性、女性、子供があり汎用性が高いです。

表示されているポーズをマウスで回転させることができ、いろんな角度から3Dモデルを見ることができます。

 

“手ビューア”では手だけの3Dモデルがあり、手を描く時の参考になると思います。

お絵かき講座もできる予定みたいですので、これからのこのサイトの発展が楽しみです。

 

POSEMANIACS

資料用の書籍が欲しい

資料用の書籍が欲しいという方も多いと思います。

 

書籍なら網羅的に情報や資料がまとめられているので、ネットで探すより短時間で確実に自分が欲しい資料に出会える確率が上がります。

 

そこで資料用の書籍が欲しい方におすすめの記事を紹介します。

「体が上手く描けない!」日常的で自然な仕草が収録されたおすすめポーズ集4選

「スカルプターのための美術解剖学 」が無料で読める!?

エロい黒タイツ写真集を無料で読む方法「イラストの資料使える!」

エロい女の子の描き方を学べるイラスト 教本を6冊紹介

「スカート・セーラー服が描きたい!!」女子の制服の資料に使えるKindle書籍

ルーミス・ジャックハム・マイケルハンプトン・モルフォ、買うならどれがおすすめ?

 

絵師におすすめする10の資料サイトまとめ

いかがでしたか?

 

自分にあった資料を見つけるのは時間がかかりますが、ここで紹介した10のサイトのどれかには、必ずいい資料があるはずです。

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。