『2019年度版』9つのペイントソフトを徹底比較 | おすすめソフトはこれだ!!

アナログ絵描き

おすすめのペイントソフト が知りたい、てかどんなソフトがあるの?

そんな方に向けて記事です。

 

今回は、無料有料合わせて9つのペイントソフトを紹介・解説します。

これからデジタルイラスト を始める方、始めようようかと考えている方はぜひ参考にしてください。

今回紹介するペイントソフトまとめ

無料ペイントソフト

・FireAlpaca(ファイアアルパカ)

・MediBangPaint Pro(メディバン ペイント プロ)

・GIMP2(ギンプ)

有料ペイントソフト

・SAI

・CLIP STUDIO PAINT PRO

・CLIP STUDIO PAINT EX

・Adobe Photoshop CC

・Adobe Illustrator CC

・Painter 2019

無料のペイントソフト3つを紹介

ここでは無料で使えるペイントソフトを3つを紹介・解説します。

FireAlpaca(ファイアアルパカ)

アルパカのキャラクターが印象的な無料のペイントソフトです。

 FireAlpaca の特徴

・シンプルで使いやすい操作画面

・漫画用のテンプレートがある

・簡単に漫画の効果線が描ける

・初期状態でペン・鉛筆・エアブラシ・水彩などが用意されている

・他のサービスと連携することでGIFアニメーションが作れる

 FireAlpaca はこんな方におすすめ

・無料でイラスト制作をしたい方

・無料で漫画制作をしたい方

・GIFアニメーションが作りたい方

>>FireAlpacaの公式サイト(ダウンロードはこちら)

MediBangPaint Pro(メディバン ペイント プロ)

MediBangPaint Pro は、イラスト以外に漫画を描く機能が備わった無料のペイントソフトです。

MediBangPaint Pro は、有料のペイントソフトに比べればやや性能や自由度は劣りますが、無料のペイントソフトの中ではダントツで優秀です。

MediBangPaint Pro の特徴

・Windows / Mac / iPad / iPhone / Androidに対応している

・素材が豊富(800種類をこえるトーン・背景)

・ブラシ・ペンが豊富(50種類以上のブラシ)

・フォントが豊富(20種類のフォントが無料)

・漫画のコマ割りが簡単

・漫画のページ管理機能が使いやすい

MediBangPaint Pro はこんな方におすすめ

・漫画を無料で描きたい方

・いろんな画風・絵柄のイラストに挑戦したい方

>>MediBangPaint Pro の公式サイト(ダウンロードはこちら)

GIMP2(ギンプ)

GIMP2は、海外製の画像加工に特化したペイントソフト です。

画像加工の機能に関して言えば有料ソフトと遜色ないレベルの性能を持っています。

GIMP2の特徴

・画像編集に特化した機能が備わっている

・合成写真などが作れる

・画像にいろんなエフェクトをかけられる

・海外製かつ多機能なので使いこなすのが難しい

GIMP2はこんな方におすすめ

・写真を使ったイラスト制作がしたい方

・合成写真の制作をしたい方

>>GIMP2の公式サイト(ダウンロードはこちら)

有料のペイントソフト6つ紹介

ここでは有料のペイントソフトを6つ紹介・解説します。

SAI

SAIの最大の魅力は、シンプルで見やすい操作画面と滑らかに描けるペンです。

とにかく、初心者でも簡単に使えるペイントソフトで、PCの要求スペックもかなり低いのでスペックが低いパソコンでも楽々動かすことができます。

SAIの特徴

・見やすくてわかりやすい操作画面

・超滑らかに描けるペン

・他の有料ソフトと比べ動作が軽い

・PCの要求スペックが低い

SAIの価格

SAI: 5,000円+税

SAIはこんな方におすすめ

・予算の関係で高スペックなPCが買えない方

・とにかく扱いやすいペイントソフトを求めている方

>>SAIの公式サイト(ダウンロードはこちら)

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT は、日本最大のイラストSNS「pixiv」での使用率が最も多いペイントソフトでもあります。

イラスト、漫画、アニメ、いろんな現場でプロが使っている だけあって、高性能かつ多機能なペイントソフトです。

CLIP STUDIO PAINT PROの特徴

・素人からプロまで誰もが使えるペイントソフト

・ペン入れがやりやすい

・ペンやブラシのカスタマイズ性が高い

・素材が使い放題(無料でダウンロードできる)

・3Dの素材が使える

・関連する書籍やサイトが多いので情報が集めやすい

・アニメが作れる

CLIP STUDIO PAINT PROの価格

・ダウンロード版: 5,000円

 

・パッケージ版なら: 約7,000円

 

CLIP STUDIO PAINT PROはこんな方におすすめ

・本格的なイラスト制作をしたい方

・安くて高性能なペイントソフトが欲しい方

・初心者でも使いやすいペイントソフトを探している方

>>CLIP STUDIO PAINT PRO の公式サイト(ダウンロードはこちら)

CLIP STUDIO PAINT EX

CLIP STUDIO PAINT EX は、イラストと漫画制作に特化したペイントソフトです。

PROとEXの違いは簡単に説明すると以下の通りです。

イラストのみの機能が「Pro」

イラスト+漫画の機能が「Ex」

>>クリップスタジオのProとExの機能の違いを簡単解説 

CLIP STUDIO PAINT EX の特徴

・PROにはない漫画に特化した機能が詰まっている

・コマ割り、吹き出し、効果線が秒速で描ける

・複数のページをまとめて管理できる

・複数の人と共同で作業ができる

・写真や3Dモデルを線画・トーン化できる

・セリフをまとめて入力・管理できる

CLIP STUDIO PAINT EX の価格

・ダウンロード版: 23,000円

 

・パッケージ版なら: 約26,500円

 

CLIP STUDIO PAINT EX はこんな方におすすめ

・本格的な漫画制作がしたい方

・素早く漫画を完成させたい方(効率重視の方)

>>CLIP STUDIO PAINT EX の公式サイト(ダウンロードはこちら)

Photoshop CC

Photoshop CC はおそらく世界で最も有名なペイントソフト で、写真の加工や色彩の調整などに強いことでも有名です。

というか、そっちがメインの機能。

Photoshop CC の特徴

・写真の加工に超強い

・細かく色を調整できる

・プロの現場でよく使われている

・使い続けるにはお金がかかる

・初心者にはわかりにくい操作画面

Photoshop CC の価格

PhotoshopCC フォトプラン: 月額980円

PhotoshopCC フォトプラン: 年間11,760円

 

PhotoshopCC 単体プラン: 月額2,180円

PhotoshopCC 単体プラン: 年間26,160円

Photoshop CC はこんな人におすすめ

・写真を使ったイラストを描きたい方

・写真のような精巧なイラストが描きたい方

・プロのグラフィックデザイナーを目指している方

>>PhotoshopCCの公式サイト(ダウンロードはこちら)

Illustrator CC

Illustrator CC はイラストやロゴの制作に特化したグラフィックソフトです。

 

PhotoShopとIllustratorの違いを簡単に説明すると以下の通りです。

PhotoShopは「写真の加工が得意」

Illustratorは「イラスト制作、テキスト作成が得意」

Illustrator CC の特徴

・レイアウトが得意(写真の組み合わせ、テキストの配置など)

・ロゴやアイコンの制作ができる

・チラシやポスターが作成できる

・使い続けるにはお金がかかる

・初心者にはわかりにくい操作画面

Illustrator CC の価格

Illustrator CC 単体プラン: 月額2,180円

Illustrator CC 単体プラン: 年間26,160円

Illustrator CC はこんな方におすすめ

・プロのイラストレーターを目指している方

・ロゴやアイコンを制作したい方

・お金に余裕がある方

>>Illustrator CC の公式サイト(ダウンロードはこちら)

Painter 2019

Painter 2019は、イラストやフォトアートなどに特化した多彩なブラシが特徴的なペイントソフトです。

Painter 2019の特徴

・多彩なブラシ(900以上のブラシがある)

・カスタマイズ性が高いブラシ

・多様なテクスチャ

・技巧書が少ないので勉強しにくい

Painter 2019の価格

Painter 2019: 53,784円。

Painter 2019 はこんな方におすすめ

・PhotoshopやIllustratorを使いたくない方

・本格的な厚塗りに挑戦したい方

・たくさんのブラシを使ったイラストが描きたい方

・お金に余裕がある方

>>Painter 2019 公式サイト (ダウンロードはこちら)

おすすめのペイントソフトまとめ

イラストを描きたいなら

無料ペイントソフトなら:MediBangPaint Pro

 

有料ペイントソフト(使いやすさ):CLIP STUDIO PAINT PRO

有料ペイントソフト(機能の多さ):Photoshop CC

初めてペイントソフトを使うならCLIP STUDIO PAINT PROにしておくことをおすすめします。

Photoshop CC とIllustrator CC はむちゃくちゃ難しいので、初心者向けとは言えません。

漫画を描きたいなら

無料ペイントソフトなら:MediBangPaint Pro

 

有料ペイントソフトなら:CLIP STUDIO PAINT EX

漫画制作ならCLIP STUDIO PAINT EX一択だと思っています。

漫画制作にここまで特化しているのは、このソフトだけだからです。

写真を使ったイラストを描きたいなら

無料ペイントソフト なら:GIMP2

 

有料ペイントソフト なら:Photoshop CC

ペイントソフトは有料と無料どちらがおすすめか?

初めてデジタルイラスト や漫画に挑戦する方で、有料か無料どちらのペイントソフトを使うか悩まれる方も多いと思います。

 

結論から言うと「有料の方がおすすめ」です。

 

理由は、「本格的にイラスト・漫画制作をしたい」と思っているなら、いずれ有料のペイントソフトを使うことになるからです。

突き詰めていくと無料のペイントソフトでは限界がきます。

なので、早いうちから多機能なペイントソフトに慣れるために、有料のペイントソフトを使うことをおすすめします。

 

もし「ちょっとだけデジタルイラスト にしてみたい」くらいの感じなら、有料のペイントソフト の無料体験版で挑戦するのがおすすめです。

まだデジタル環境を持っていない方はこちら

ペイントソフト以前にパソコンもペンタブも持っていない方は、こちらの記事をご覧ください。

「5分で分かるデジタルイラスト の始め方」デジ絵に必要な道具の選び方を解説

「2019年度版、初心者におすすめのペンタブ!」ペンタブの選び方を解説

ペイントソフト9選比較まとめ

いかがでしたか?

今回は、9つのペイントソフトを紹介・解説しました。

 

紹介したペイントソフト一覧

無料ペイントソフト

・FireAlpaca(ファイアアルパカ)

・MediBangPaint Pro(メディバン ペイント プロ)

・GIMP2(ギンプ)


有料ペイントソフト

・SAI

・CLIP STUDIO PAINT PRO

・CLIP STUDIO PAINT EX

・Adobe Photoshop CC

・Adobe Illustrator CC

・Painter 2019

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。