「漫画を描いている方必見!」カッコよくてそれっぽい効果音を描く方法を紹介

「効果音や描き文字をカッコよく描きたい」

「雰囲気のある効果音が好き」

そんな方に向けてこの記事を書いています。

 

今回は、漫画でよく見る効果音『ドッ』をカッコよく描く方法を紹介します。

 

興味がある方はぜひ読み進めてください。

効果音の『ドッ』をカッコよく描く手順

1:『ドッ』を直線で描く

まず『ドッ』という文字を直線で描きます。

このとき隙間ができないように描くと後からの作業が楽です。

2:マジックワンドで選択範囲を作成する

効果音の形を描いたら、マジックワンドで選択範囲を作成します。

マジックワンドとは、クリックした位置と連続している部分が選択範囲になるツールです。

バケツツールと同じ要領で空間を選択できます。

3:かすれベタ風ブラシを使って選択範囲の中を塗る

 

かすれベタ風ブラシ

 

4:かすれベタ風ブラシで塗りつぶす

かすれベタ風ブラシで塗りつぶす時のコツは、微妙に塗り残しを作ることです。

真っ黒に塗りつぶすだけならバケツツールを使えばいいのですが、わざと塗り残しを作ることで文字に躍動感を出しています。

5:白いペンで一定方向に流れを描き込む

パッと見ただけでは、『4:かすれベタ風ブラシで塗りつぶす』の状態と見分けがつかないかもしれませんが、よく見ると白いラインがところどころに描かれています。

この作業によって効果音の絵にアナログ絵っぽい雑さ・荒さを出します。

6:塵を描く(完成)

最後にやることは、この効果音の絵を汚していく作業です。

かすれベタで黒く塗ったところには白色で、それ以外は黒色のペンで塵を描きます。

このような塵を描き込むことで、絵に勢いが出ます。

『ドッ』をカッコよく描く方法まとめ

いかがでしたか?

今回は、『ドッ』をカッコよく描く方法を紹介しました。

漫画を描いている方には参考になったかもしれません。

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。