アメコミ風の絵柄が学べるメイキング動画5選「アメコミっぽい作風を手に入れる」

「アメコミ風の絵ってどう描くの?」

「アメコミみたいな絵が描きたい」

 

「アメコミのあの特徴的な影の付け方や迫力ある絵柄に憧れたことある人も多いと思います。

 

そこで今回は、アメコミ風の絵柄で絵を描きたい思っている方に向けて、オススメするアメコミイラストのメイキング動画を5つご紹介します。

 

バットマンのメイキング1

特徴的なのはやっぱりベタ(黒く塗りつぶしているところ)の使い方です

 

描いていく工程

  • STEP.1
    下書き
  • STEP.2
    ペン入れ
  • STEP.3
    グレーで影を塗る
  • STEP.4
    肌を塗る
  • STEP.5
    最後にベタ塗り

最後にベタで仕上げる描き方は結構珍しいんじゃないでしょうか。

日本の漫画の場合、ペン入れのあとベタを塗ってそのあと色を塗る事が多い気がします。

 

最後にベタで画面にメリハリを作っていく感じの描き方で、最後15分で一気に仕上がっています。

そしてところどころに入っている斜線がアメコミらしいですね。

 

一時間のノーカットのメイキングなので早送りで見ていくことをオススメします。

 

スパイダーマンのメイキング

このメイキング映像はバットマンメイキング1とは違う手法で描かれています。

 

描いていく工程

  • STEP.1
    下書き
  • STEP.2
    光源を決める
  • STEP.3
    ベタで影を一気に塗っていく
  • STEP.4
    スパイダーマンの蜘蛛の模様を描いていく
  • STEP.5
    着色をする
  • STEP.6
    グレーで影をつける
  • STEP.7
    修正ペン(ホワイト)でハイライトを入れる

いきなりベタを入れるというトリッキーな描き方ですが、慣れればかなり早く絵を仕上げられそうな描き方ですね。

 

最初に絵の3/1くらいの面積にベタを塗るので描き込む場所は残りの3/2だけになります。

 

最後にちょこっと入れた、ハイライトが一気にスパイダーマンのスーツの質感を上手く表現しています。

 

バットマンのメイキング2

日本の漫画だとここまではっきりとベタを入れな事が多いのですが、アメコミでは、かなりはっきりとベタを入れています。

 

このメイキング映像のバットマンは特に筋肉の描き方が参考になりそうですね。

そしてアメコミらしいベタからはみ出る斜線が立体感を出していて参考になります。

 

個人的にはバットマンの描き込まれた腹筋あたりの影のつけ方がかなり参考になりました。

 

バットマンのメイキング3

バットマンばっかりですいません…

 

このメイキング動画での一番の特徴は、途切れ途切れに描かれたペン入れの線だと思います。

そしてそのあとベタ塗りで一気に画面にメリハリをつけています。

 

次にディテールを表現するために身体や脚に細く白い線を描いています。

 

最後に、グレーで影を入れて質量を感じるような重みのある絵に仕上げています。

 

ホワイトの使い方とグレーの塗りがとても参考になりそうです。

 

スーパーマンのメイキング

最後はスーパーマンです。

 

このメイキング映像では、ベタ塗りの際に筆が使われています。

筆特有の”かすれ”が出ることによって上で紹介したメイキングとは少し違う絵になっています。

最後にホワイトで背景に点々を入れることによって火の粉が散っているような絵になって迫力が増しています。

 

筆を使うと予測できないかすれ方をするのでそれが、この絵の魅力になっているのだと思いました。

 

デジタルではこのような線はなかなか出せないのでアナログ絵にもまだまだ未来はありそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

アメコミ風のタッチを出している漫画といえば今だと”僕らのヒーローアカデミア”などがありますが、そういった形でアメコミ風の作画スタイルを取り入れると面白い絵が出来上がると思います。

 

メイキング映像だけでなくアメコミ漫画を買って模写してみるのもオススメです、アメコミを初めて買う人には個人的には、キックアスあたりがオススメです。

 

少し高いですがもしよければ買って見てください面白い発見がたくさんあるはずです。

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。