「絵を描くのが面倒!」毎日絵を描く習慣を手に入れる5つの方法

「毎日絵を描きたいけど描けない」

「もう1週間くらい絵描いてないな…」

 

“毎日は絵を描けない人”もいれば“毎日絵を描くのが当たり前な人”もいると思います。

この2つのパターンでよりどちらが画力が上がるのかは、考えるまでもありませんよね。

 

そこで今回は、画力を早速で向上させる為に毎日絵を描く習慣を身につける方法をご紹介したいと思います。

 

毎日絵を描けない3つの理由とその対策

geralt / Pixabay

一日24時間誰しもが平等に与えられているにも関わらず、毎日できる人と毎日できない人がいるのは何故でしょう?

考えられる理由は3つです。

 

原因1:別のことに時間が奪われている

JESHOOTScom / Pixabay

ゲーム、テレビ、雑誌、スマホ、などに時間を奪われている人は、毎日絵を描くことは難しいと思います。

単純に絵を描く時間がないことが原因で毎日絵が描けないという人も多いと思います。

 

 他のことに時間が奪われている時の『対策』

時間が奪う最も大きな要因は、おそらくスマートフォンです。

未成年の場合、平均1日3時間以上スマホを触っているというデータもあるみたいです。

 

スマホの場合は、できるだけスマホを触らないようするための対策が必要だと思います。

スマホを触らないようにする為にできること

・アラームや通知音が聞こえないようにすること

(電源を切る、マナーモードにする)

・視界に入らない場所にしまう

(机の中、カバンの中など)

 

テレビなどに時間が奪われている場合は、見たいものを先に録画しておいて後からまとめて見るなど、だらだら無計画に時間を過ごす時間を減らす必要があります。

 

原因2:やる気が出ない

ivanovgood / Pixabay

身体が重くなかなかやる気が出ないことが原因で毎日絵が描けない人もいると思います。

最初は強い志があって絵の練習をしていたのに、時間が経つにつれてどんどんやる気がなくなってくることがありますよね。

 

やる気が出ない時の『対策』

そんな時は、作業興奮という効果を使ってみましょう。

作業興奮とは、一度動き出すと人は自然にやる気が出てきて、そのやる気が継続できるというものです。

 

作業興奮の例をあげると、

キッチンに洗い物が溜まっている時に、まずお箸やスプーンだけを片付けます。するとそれ以外の場所も気になりはじめて、気づいた頃にはキッチンが綺麗に掃除できている。

これも作業興奮の効果です。

 

人は、一度動き出すと人は自然にやる気を出していくものなので、騙されたと思ってとりあえずペンを握って簡単な図形を描いてみてください。

すると、どんどんやる気が出てきて気づいた頃には、数枚の絵が仕上がってるかもしれません。

 

やる気を復活させる方法はこちらの記事で詳しく説明しています。

絵を描く気が起らない時の3つの対処法 「理屈でやる気を復活させる」

 

原因3:絵を描くのが楽しくない

lukasbieri / Pixabay

「絵を描くことが飽きている」もしくは「そもそも絵を描くことが好きじゃない」ことが原因で毎日絵が描けない人もいると思います。

 

絵を描くのが楽しめない時の『対策』

正直「飽きていること」や「楽しくないこと」を無理にでもやることは難しいので、そういう時は一度絵から離れてみることをお勧めします。

何もやりたくないことをやる必要はないと思います。

 

すいませんこれは「対策」とは言えませんねww

 

習慣を身につける為にはどうすればいいのか?

絵を描く習慣を手に入れるポイントは「意識的」な行動から「無意識」な行動に変化させることです。

 

だいたいどんなことでも、習慣化には最低一ヶ月はかかると言われています。

ですのでまずは一ヶ月継続することを目標にしましょう。

Shad0wfall / Pixabay

毎日絵を描く習慣を作る5つの方法

1:大きすぎる目標を立てない

あまりに大きすぎる目標を立てると、ほぼ確実に三日坊主になります。

 

最初はできるだけ簡単で短時間で終わる目標を達成し沢山の成功体験を積むことで、習慣化を目指しましょう。

 

例えば、

・一日1体だけキャラクターを模写する。

 

・一日に15分だけ絵を描く

くらいの目標にしておく事がおすすめです。いきなり「1日5時間絵を描く」とか目標を立てても達成できずに終わる可能性が高いです。

 

2:複数の事を同時に習慣化しようとしない

運動、食事、早起き、読書、日記などを同時に習慣にしようと思っても絶対に挫折します。

1つずつ確実に習慣化していくために、1ヶ月間で習慣化することを1つ決めてそれだけをやりきるようにしましょう。

 

この記事を読んでいる人の場合は「毎日キャラクター1体を模写する」とかです。

これを1ヶ月続けることを目指しましょう。

 

3:やる気がなくてもとりあえず動く

これは「原因2、やる気が出ない」のところで説明した、作業興奮を利用しましょうということです。

やる気が出なくても机の前まで行ってみたり、ペンを持ってみたりすると身体は勝手に動き出します。

 

絵を描く気が起らない時の3つの対処法 「理屈でやる気を復活させる」

 

4:絵に日付けを記入して絵を保管する

絵を描いた後に日付けを記入して、描いた絵を保管しておきましょう。

あなたが今までやってきた努力が目に見える形にすることで、次の努力の原動力になります。

 

絵に日付けを描いておくことによって、自分がどれだけの期間でどれだけ成長したのかもわかるようになります。

成長していることが実感できるとモチベーションが維持されるのでおすすめです。

 

5:逃げられないようにする

絵を描くことから逃げられないようにする方法です。

 

例えば、

・一ヶ月に一本漫画を描いて漫画投稿サイトに投稿すると決め、締め切りを設ける

 

・友達と絵を描くグループを作り、お互いに絵を見せ合うというようなルールを作る

 

・期限までに決まった量の絵が描けなかったら、1万円寄付するなどのルールを決める

こういったルールを作り、絵を描くことから逃げられないようにする。

 


 

そのほかの方法として「パブリックコミットメントというのがあります

パブリックコミットメントとは、公に対して自分の考えを宣言することを言います。

 

例えば、

・Twitterなどで、毎日1枚絵を描く!!と宣言する

 

・友達や家族にこの目標を達成する!!と宣言する

宣言をすると人は自分の言葉に対して責任を取ろうとします。

するとやる気がなくてもやらないといけない感じがして、気づいたら動き出している状態を作れるはずです。

 

毎日絵を描く習慣を手に入れる5つの方法まとめ

いかがでしたか、絵を描く習慣化は身につきそうですか?

 

最後にこの記事の内容を簡単にまとめます。

 

毎日絵が描けない3つの理由

・他のことに時間が奪われている(テレビ、スマホ、ゲームなど)

 

・やる気が出ない

 

・絵を描くのが楽しくない

 

絵を描く習慣を身につける5つの方法

・大き過ぎる目標を持たない

 

・複数のことを同時に習慣化しようとしない

 

・やる気がなくてもとりあえず動く(作業興奮)

 

・描いた絵に日付けを記入して保管しておく

 

・毎日絵を描かなければいけないルールを作る

またわ、誰かに「毎日絵を描く!!」と宣言する

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。