「スカルプターのための美術解剖学 」の良さ・メリットを解説

「スカルプターのための美術解剖学を買うかどうが悩んでいる」

「スカルプターのための美術解剖学ってどんな人におすすめ?」

そんな方に向けてこの記事を書いています。

 

今回は「スカルプターのための美術解剖学」の概要とこの本の良さを解説していきます。

 

スカルプターのための美術解剖学の概要

人間の体を簡潔に解説した、もっとも使いやすい、アーティスト向け美術解剖学のガイドブック。主要な構造を理解するための要点を直接的かつ分かりやすいビジュアルで説明している。人間の体のうち、最も重要な筋肉、働き、アクションを取り上げ、単純なアナトミーの解説から間違いやすいポイントまで、1,000点を超える図版を掲載。250枚を超える写真に描き加えたイラストによって、体表下の筋肉やシェイプを明らかにした。

Amazonより引用

「スカルプターのための美術解剖学」誰でも使えるわかりやすいアナトミー(解剖学)の本です。

美術用のアナトミー(解剖書)の本はたくさんありますが、これほどまでにわかりやすい解説と画像がたくさん掲載されている本は他に知りません。

 

この本では、人物を描く上で重要な筋肉の動き、アクションに焦点を絞っています。

アナトミー(解剖学)の詳しい解説から間違いやすいポイントまでを説明するための、1000以上の図版が掲載されています。

スカルプターのための美術解剖学の良いところ

www_slon_pics / Pixabay

「スカルプターのための美術解剖学」の良いところを4つ紹介します。

  • 写真がたくさん掲載されている
  • イラストがたくさん掲載されている
  • 筋肉ついて詳しく解説している
  • 間違いやすいポイントが紹介されている

1、写真がたくさん掲載されている

「スカルプターのための美術解剖学」には、250を超える写真が掲載されています。

そしてその写真にイラストを描き加えられています。

写真が掲載されていることによって3Dのように立体的にアナトミー(解剖学)を理解することができます。

2、イラストがたくさん掲載されている

写真では情報量が多過ぎて、理解しきれないところがあるのですが、それをわかりやすいイラストで解説してあります。

アナトミー(解剖学)を単純化したイラストで表すことで、より楽に理解することができます。

3、筋肉ついて詳しく解説してある

筋肉がどう動くのかを理解しやすいように、写真とイラストと共に解説してあります。

そして筋肉の細部の解説もあるので、筋肉を細かいところまで学ぶことができます。

4、間違いやすいポイントが紹介されている

人体構造はとても複雑で間違えて覚えてしまうことがよくあるのですが、この本では、先に間違いやすいポイントを紹介してくれるので、

アナトミー(解剖学)をあまり間違いをしないで学ぶことができます。

 

スカルプターのための美術解剖学はこんな人におすすめ

Kidaha / Pixabay

本書は、主要な構造を理解するための要点を直接的かつ分かりやすいビジュアルで説明しています。美術を専攻する学生、モデラー、スカルプター、イラストレーターに、本書は実践的な基礎を提供します。これをベースに、アナトミーの知識をさらに積み重ねることができます。より手軽に、自信をもって描きたい、造形したいすべての人にお勧めします。

Amazonより引用

「アナトミー(解剖学)を基礎から正しく学びたい」

「イラストのための人体構造を学びたい」

「他の本で人体構造を学んだが、オリジナルイラストでその経験や知識が活かしきれない」

「できるだけ単純化されたわかりやすいイラストや写真でアナトミー(解剖学)を学びたい」

「写真を使ったアナトミー(解剖学)の本が欲しい」

そんな人におすすめの本です。

スカルプターのための美術解剖学はこちら

 

スカルプターのための美術解剖学を無料で読む方法はこちら

「スカルプターのための美術解剖学 」が無料で読める!?