「どっちがおすすめ?」クリップスタジオのProとExの機能の違いを簡単解説

「クリップスタジオのProとExって何が違うの?」

「ProとExどっちを買うのがおすすめ?」

 

そんな疑問を持っている方に向けてこの記事を書いています。

 

今回は、クリップスタジオのproとexの機能の違いと、どっちを買うのがおすすめなのかを解説します。

クリップスタジオの「Pro」「Ex」の簡単な違い

クリップスタジオの「Pro」「Ex」の違いは、大きく分けると2つです。

1つが「機能」の違い、もう1つが「価格」の違いです。

「Pro」「Ex」機能の違い

fancycrave1 / Pixabay

簡単に説明すると、「Pro」はイラスト用、「Ex」はイラスト+漫画用です。

つまり「Ex」は、「Pro」に漫画用の機能が付け足されている感じです。

「Pro」「Ex」価格の違い

QuinceMedia / Pixabay

価格は「Pro」「Ex」で大きく違います。

ダウンロード版の価格

クリップスタジオペイント「Pro」ダウンロード版: 5000円

 

クリップスタジオペイント「Ex」ダウンロード版: 23000円

「Pro」と「Ex」18000円の金額差があります。

「Ex」は漫画を描くための特別な機能があるとはいえ、この金額差は大きいですね。

 

ちなみに「パッケージ版」と「ダウンロード版」でも、価格の差があるのですが、それは下で詳しく説明します。

 

この章まとめ

イラストのみの機能が「Pro」

イラスト+漫画の機能が「Ex」

「Pro」が5000円

「Ex」が23000円

(ダウンロード版の価格)

はじめてのデジタルイラスト には「クリップスタジオペイントPro」がおすすめな理由

『クリップスタジオEx』がデジタル漫画の制作におすすめなソフトである理由

 クリップスタジオProで出来ること

クリップスタジオペイント「Pro」ではイラストを描く為に必要な機能がほぼ全て備わっています。

主なクリップスタジオProの便利な機能

・筆圧に合わせて、線を自動調整してくれるので、初心者でも綺麗な線が描ける

 

・ブラシ・ペンを自由にカスタマイズできる

 

・描いた絵のサイズや角度を変更することができる

 

・3Dの素材が使える

 

・豊富なブラシや素材が使い放題

1、初心者でも綺麗な線が描ける

StockSnap / Pixabay

クリップスタジオPro(以後クリスタ)では、筆圧に合わせて、線を自動調整してくれるので、初心者でも簡単に綺麗な線が描けます。

日本の絵は線画ベースで描く場合が多いので、これはとても役に立つ機能です。

2、ブラシ・ペンを自由にカスタマイズできる

クリスタでは、自由度の高いブラシ・ペンのカスタムが可能です。

手ぶれ補正、線の入り抜きの設定、インクの設定など、設定できる項目が多いのがクリスタの魅力です。

3、絵の修正・変形・変更がラクラクできる

描いた絵のサイズや角度の変更もクリスタなら簡単です。

それ以外にも特殊な変形をさせることもできます。

3D素材が使える

クリップスタジオProでは、3Dの素材を使用することができます。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

豊富なブラシや素材が使い放題

クリスタでは、豊富なブラシ・素材が使い放題です。

誰かが作った、ブラシや素材を自由にダウンロードすることもできます。

これによって、自分で難しい設定をしないでも、すでに設定された素晴らしいブラシや素材を使うことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 


 

このようにクリップスタジオProでは、イラストを描く為の便利な機能がたくさん備わっています。

これらの機能のおかげて快適なお絵かきを楽しむことができます。

はじめてのデジタルイラスト には「クリップスタジオペイントPro」がおすすめな理由

クリップスタジオEXだけが出来ること

「Pro」で出来ることは「Ex」でも出来ます。

 

しかし「Ex」で出来て「Pro」では出来ないことがあります。

なのでここでは、クリップスタジオペイント「Ex」だけが出来ることを紹介します。

 

・複数ページ作品を管理することができる

 

・共同で複数の人と作業することができる

 

・写真や3Dモデルを線画やトーンに変換できる

 

・ePub・Kindle・PDFフォーマットで出力できる

 

・セリフをまとめて入力・管理することができる

複数ページの作品を一括管理することができる

これは主に漫画制作の際に使う機能です。

このように複数のページを一括して管理できます、漫画制作には欠かせない機能です。

共同で複数の人と作業ができる

複数の人と共同作業ができます。

例えば、ネームを描く人、キャラクターを描く人、背景を描く人、など役割を決めて共同作業をすることができます。

写真や3Dモデルを線画化・トーン化することができる

写真や3Dモデルを線画化、トーン化することができます。

写真を使った漫画の背景作成が簡単にできます。

 ePub・Kindle・PDFフォーマットで出力できる

作った作品を電子書籍コミック用のフォーマットやPDFで出力することができます。

セリフをまとめて入力・管理することができる

セリフまとめて入力できたり、セリフを置き換えたりできます。

これも漫画を描く人には、欠かせない便利な機能です。

 


 

クリップスタジオペイントExでは、Proにはない特殊な機能が多くあります。

特に漫画を描くなら欠かせない機能が盛りだくさんです。

なので漫画を描きたいなら絶対「Ex」にするべきです。

『クリップスタジオEx』がデジタル漫画の制作におすすめなソフトである理由

パッケージ版とダウンロード版の違い

ijmaki / Pixabay

ダウンロード版とパッケージ版の違いについて説明します。

・ダウンロード版とは、ネット上からダウンロードするタイプです。

 

・パッケージ版とは、箱・説明書・ディスクがついているタイプです。

ダウンロード版:クリスタPRO: 5000円

パッケージ版:クリスタPRO:約7000円

 

価格差が約2300円です。

 

ダウンロード版:クリスタEX:23000円
パッケージ版:クリスタEX:約26500円

価格差が約4200円です。


ダウンロード版とパッケージ版では、価格が大きく違います。

パッケージ版の場合、ディスク、箱、説明書などが必要となるので、どうしても販売コストが高くなる影響で価格も高くなっています。

なので、ダウンロード版の方が安く買えます。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「クリップスタジオが欲しい」安くクリスタを購入するならダウンロード版がおすすめな理由

 

購入するならどっちがいいか?

クリップスタジオの購入を検討されている方に向けて、どっちがおすすめかを紹介します。

漫画・アニメーションの制作がしたいなら「Ex」

 

『クリップスタジオEx』がデジタル漫画の制作におすすめなソフトである理由

ですが「Ex」は「Pro」に比べかなり高額なので、なかなか手が出ないと思います。

「漫画を描きたいのか、イラストを描きたいのか自分でもよくわからない」

そんな人もいると思います。

 

なので最初はダウンロード版のクリップスタジオペイント「Pro」を買うことをおすすめします。

理由は、「Pro」の購入後に「Ex」との差額料金を支払えば、「Pro」から「Ex」アップグレードすることができるからです。

 

ダウンロード版のクリップスタジオProを5000円で購入した後に、

(Exの料金)23000円 から(Proの料金)5000円を差し引いた、18000円で「Ex」を購入することができます。

「Pro」から「Ex」を購入する時の価格は、下の表を参考にしてください

パッケージ版 価格:36,720円 →  優待価格:27,500円
ダウンロード版 価格:23,000円 →  優待価格:18,000円
バリュー版 (利用料500 GOLD/月の場合)
500円の支払い期間が50か月 →  40か月
(利用料1,000 GOLD/月の場合)
1000円の支払い期間が24か月 →  19か月

なので、いきなり「Ex」を買って、

「漫画用の機能がいらなかった・・・」

とならないために、まず安い「Pro」を買ってから、「Ex」の機能が欲しい時に差額の料金を支払って「Ex」を手に入れるのが失敗しない買い物だと思います。

 

はじめてのデジタルイラスト には「クリップスタジオペイントPro」がおすすめな理由