ファンタジーの世界観を創造するための本「ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣」が発売!!

2018/12/08日に「ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣」が発売されます。

 

 

ファンタジー系のイラストや漫画を描かれいている方、またはそれらが好きな方に朗報だと思います。

 

こんな人はぜひチャックしてみてください

・ファンタジー系の絵が描きたい

 

・クリーチャー・モンスターが描きたい

 

・空想的・幻想的なものを描きたい

 

本書の中身

 


Amazonより引用

 

画像を見てわかる通りかなり本格的な教本のようです。

漫画よりイラスト向きの絵柄のですね。

 

 

本書の概要

「ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣」の概要

 

ファンタジーの世界、神秘的なキャラクター、恐ろしいクリーチャーを創造するための実践テクニック

 

あらゆる空想的、魅惑的、幻想的なものを創作する方法が、手に取るようにわかるイラスト実用書です。
プロによるデモンストレーション、アドバイス、ヒントが豊富に盛り込まれ、夢のようなファンタジー世界を創造するのに必要な情報をすべて学べます。

 

・ 基本を振り返り、インスピレーションを得る。
アイデアを形にするための基本的なツール、テクニック、ヒントと具体的な650以上の素晴らしいイラストによって、ダイナミックな構図の作り方、色調の選び方、作品に奥行きと雰囲気を与える方法を習得できます。

 

・ プロから学ぶ。
現代のトップファンタジーアーティストは、どのようにルールを曲げたり破ったりしているのでしょうか? 想像力の限界を押し上げる方法をプロのアーティストから学びましょう。恐ろしいクリーチャーの外見、不可思議な生き物、神話的な環境に生命を吹き込みます。

 

・ さまざまな画材を試す。
従来の絵の具、インク、鉛筆から、CGと3Dアニメーションまで、さまざまな画材の特徴を学び、ファンタジーのスタイルに適切な画材を見つけます。

 

Amazon 「ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣」商品紹介より引用

 

この本は、2007年に発売された「ファンタジーの世界を描く人物編」「ファンタジーの世界を描く 景観編」「ファンタジーの世界を描く 幻獣編」の合本版なので、

人物・景観・幻獣(モンスター、クリーチャー)の描き方が網羅されているのだと思います。

 

大型本で全288ページというボリュームなので、情報量には期待できそうです。

 

大変な資料集めを楽にするための本です

まぁ資料集めは楽しいですが・・・

 

 

「ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣」詳細はこちら