「動きがあるイラストが描けない!」クイックスケッチで躍動感ある絵を学ぼう

「キャラに動きがない・・・」

「キャラのポーズが不自然」

これらの「悩み」を解決するかもしれない本があることをご存知ですか?

 

その本とは「ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ 瞬間を描きとめる:アーティストのデイリートレーニング」です。

 

 

「クイックスケッチ」と呼ばれるこの本ですが、その名の通り「素早く素描する」方法が書かれた本です。

※素描(そびょう)とは、人物や風景などを大まかに描くことです。

 

クイックスケッチの概要

「ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ」は、クイックスケッチの方法や技術を幅広くカバーしています。ポジティブシェイプ、ネガティブシェイプの観察、複雑な形状の中に単純な形状を見つける方法から、アクションの解析やアクションラインの使い方まで、ディズニーのレジェンドが、このような要素の使い方、そしてスケッチをごく短時間で描くための方法を教えます。

 

Amazon クイックスケッチ 商品説明

 

この本の内容を簡単に説明すると「ロン・ハズバンドさんのスケッチの画集」です。

スケッチの描き方や人体構造の説明は最初に少し載っているのですが、その後はほぼ説明がなく、ただひたすら膨大な量のスケッチが掲載されています。

 

ここまで聞くと「えっ全然使えない本じゃん」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

確かにこの本を読むだけでは、絵は上手くなりません。

ですが模写の題材として素晴らしい本です。

 

 

 

 

 

Amazon クイックスケッチから引用

 

「ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ 瞬間を描きとめる」というタイトル通り、ロン・ハズバンドさんが、高い観察力で動きの「瞬間を描きとめた」躍動感のあるスケッチが掲載されています。

 

いつも止まったキャラの絵ばかり模写している人には、これ以上の模写の題材はないはずです。

ただ正確な人体構造を学びたい方にはおすすめできません、キャラに躍動感をつけたいと考えている人におすすめの教本です。

 


 

デジタルで漫画を描いている人は、デジタルの性質上キャラに動きがつかず悩んでいる場合も多いと思います。

クイックスケッチでは、流れるようなストローク、動きのあるボディランゲージ、人体構造への理解、というキャラの動きに関する大切なこと学ぶことができます。

 

もちろんこれらの知識やテクニックは、アナログ絵・デジタル絵どちらも使えるテクニックです。

 

クイックスケッチから学べることまとめ

 

・シンプルな図形や線で物の形を捉える方法

 

・人間の動きとバランス

 

・アクション(動き)の分析方法

 

・日常の人々の動き、行動

 

・少ない線で躍動感を出す方法

 

クイックスケッチの目次

【目次】
Chapter 1:基 本
Chapter 2:アクションの分析
Chapter 3:日常的な活動
Chapter 4:座っている人の描き方
Chapter 5:テーブルゲーム
Chapter 6:立ち姿
Chapter 7:歩きのスタイル
Chapter 8:子 供
Chapter 9:特別なイベント
Chapter 10:音楽、ダンス、歌
Chapter 11:動物園
Chapter 12:個人スポーツ
Chapter 13:チームスポーツ
Chapter 14:世界を巡るクイックスケッチ

 

詳しくはこちら

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

躍動感のある絵を学びたい方にはおすすめの書籍です。

ただ正確な人体構造を理解したいと考えている方にはあまりおすすめできません。

 

ペン画などのペンで描かれた線が好きな人は画集としての楽しみ方はあると思います。

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。