「絵が上手くならない・・・」集中力は上げて絵の練習効率を高めるよう

「絵が効率的な練習方法を知りたい」

「できるだけ早く絵が上手くなりたい!!」

そう思われている方に向けてこの記事を書いています。

 

絵は練習効率が悪いと、いつまでたっても画力が上がらず、やり気がなくなっていきます。

そこで今回は、絵の練習効率を高める方法を紹介します。

 

練習効率をあげる方法とは?

「絵の練習効率を高める方法ってなに?」

絵の練習効率を高める方法はとてもシンプルです。

 

「絵の練習効率を上げたかったら集中力を上げることです!!」

 

いくら練習時間が長くても、集中できていなければ練習の効果は大幅に落ちます。

どんな分野でも同じことですよね

 

集中力を上げる方法

duongtoan / Pixabay

ここからは、集中力を高める方法を紹介・解説していきます。

 

 集中力が上がる朝に絵を描く

Free-Photos / Pixabay

私たちは、睡眠中に脳の中の情報は整理され、起床すぐの脳は整理整頓された机のような状態です。

何かを覚えたり、何かを考えたりするのに絶好の時間です。

 

500人を対象に行ったある実験で、1日の内もっとも集中力が高かった時間を調べたところ『朝6〜7時』がもっとも集中力が高い時間帯だったみたいです。

そしてこの時間帯の事を「脳のゴールデンタイム」と呼びます。

 

この起床後2時間の脳のゴールデンタイムが過ぎれば、どんどん人間は集中力が下がっていき夕方頃にはもうどれだけ頑張っても、朝の集中力を得ることはできません。

 

ですのでこの時間帯に絵を描きましょう、最近話題の朝活と言うやつです。

 

 時間を区切って集中力を維持する

JESHOOTScom / Pixabay

「パーキンソンの法則をいうものを知っていますか?」

パーキンソンの法則とは「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」という法則です。

 

これは簡単に言うと「時間が十分にあると勘違いしていると、やるべきことに対して色々な選択肢を考えてしまい、なかなかやるべきことが終わらない」と言う意味です。

 

ですので、時間を短く区切り無駄な選択肢を考えられないようにすると効率よく集中できます。

「1日で20体の模写をする!」というような目標を立てるのではなく、「この20分で1体の模写をやりきる!」と言うような目標設定に切り替えた方が効果的です。

 

結局やりきれない目標を立てるくらいなら、この10分20分確実にこなせる目標を立てて、それを1日の内に何度も積み重ねていく方がいいです。


そして時間を区切ることのメリットは、もう一つあります。

 

それは、時間制限を設けると「締め切り効果」が発生するということです。

人は締め切りがあるとその制限時間までになんとか課題を達成しようとして集中力が上がります。

 

夏休みの終わりに、残っている宿題を一気に終わらせられるのもこの締め切り効果があるからと言われています。

 

つまり、時間を区切って時間制限を設けることで、集中力は自然に高まります。

 

 机の上を片付けて集中力を上げる

skeeling221 / Pixabay

ある実験で、片付いた部屋で作業したグループと、散らかった部屋で作業したグループで、どちらが集中して作業に取り組めるかを調べた実験があります。

 

その実験の結果「片付いている部屋で作業したグループの方が作業に集中できていた」と言う結果が出ました。

(まぁ当然ですよねw)

 

人は、やるべきことに最適化されている部屋の方が集中できます。

 

ですので机周りの絵を描くのに関係が無い物は全て片付けてください。

スマホ、漫画、ゲーム機、雑誌、ペンケース、置物、これらは人の集中を阻害するので全て片付けてください。

 

特にスマホは集中力を削ぐので、マナーモードにして目につかない所に置いてください。

 

机に置いていいのは絵を描くのに必要なものだけです。

 

 耳栓を使って集中力を上げる

Anybid / Pixabay

模写などのインプット系の練習をする時は、耳栓で音が入ってこないようにするといいです。

 

覚える(インプットの)時は、音が耳から入ってこない方が記憶しやすいと言われています。

ですので必要でない情報(雑音)が入ってこない環境がベストです。

 

逆にオリジナルイラストを描く(アウトプットの)時は、少し雑音や音楽が聞こえているくらいがクリエイティブになれるみたいです。

なのでその時はイヤホンで音楽でも聴きながら作業して見てください

 

 毎日しっかり寝て集中力を回復させる

Shingo_No / Pixabay

集中力を回復させる方法は睡眠と運動です。

 

睡眠時間が確保できなければ翌朝ベストな状態で作業できません。

それでは効率的な練習にはならないので必ず6〜7時間くらいは寝ましょう

 

※6〜7時間と言うのは、あくまでも一般的な目安です。ショートスリーパーの人は短くてもいいです、ロングスリーパーの方はもっと寝てください。

 

合わせて読んで欲しいおすすめ記事

絵を描く気が起らない時の3つの対処法 「理屈でやる気を復活させる」

絵を描くモチベーションを「上げる」または「維持する」簡単な方法。

 

集中力を上げて絵の練習効率を高める方法まとめ

いかがでしたか?

 

基本的に人が効率や生産性を高めるためには、集中力を高める必要があります。

この記事を読んで実践できることがあればぜひ実践してみてください。

 

集中力に関する勉強がしたい方はこの書籍がおすすめです。

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。