「最短で画力向上を目指す人向け!」人物画の描き方が学べるおすすめ教本5冊

「絵を基本から学びたい」

「人物の絵が絶望的に描けない・・・」

 

そんな悩みを抱えている方もいると思います。

 

そこで今回は、そんな「悩み」を解決できる、絵を基本から学べる教本を5冊紹介します。

ぜひ絵の教本を購入する時に、参考にしてください。

 

絵の教本とは?

「絵の教本」とは、その言葉ままの意味で、絵の描き方を教えてくれる本(教科書)のことです。

 

いろんなジャンルや技法を紹介した、教本がありますが今回は、人物画(キャラクター)の描き方に特化した教本を紹介します。

 

人物画に特化したおすすめ教本5冊を紹介

「人体構造を学ぶ」と「キャラクターの描き方を学ぶ」の2つに分けて紹介します。

 

人物(キャラクター)の絵を描くうえで、人体構造を学ぶことは避けられません。

そして漫画やイラストのキャラクターを描く方法を学ぶ必要があります。

 

ですので、どちらか一方の絵の練習だけをするのではなく、「人体構造」と「キャラクターの描き方」両方の練習が必要です。

 

人体構造を学ぶ

人物画を描くための人体構造の理解するのは、かなり大変で、しかも時間がかかります。

 

しかし覚えればいいだけなので、ゆっくり着実にやっていくと誰でも理解できるようになります。

 

ルーミスのやさしい人物画

絵を描く人なら誰しもが、一度は聞いたことがある超有名な絵の教本。

絵を描いているほとんどの人が、持っている本じゃないでしょうか。

 

私が一番最初に手にした、絵の教本はこれでした。

そして、この本を最初に開いた時

『やさしい』人物画って書いてるけど・・・全然『やさしく』ない!」と思いました。

 

しかも、この本は「海外」のかなり「古い」本なので、絵柄などはあまり参考になりませんでした。

 

確かに難しいく『やさしく』ないし絵柄は古いです、ですが情報量はかなり多く、人物画の描き方の基本の全てが揃っています。

この値段でこのボリュームは、コスパ最強です。

 


 

 

ルーミスのやさしい人物画の使い方は、とりあえず全ページ模写だと思います。

最初は、なんのことかわからないようなページでも、何度か繰り返し模写をしているうちに、人体構造や絵の描き方が、なんとなく理解できるようになります。

 

 

モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック

この本は、絵を描き始めて5年くらいたった時に購入したのですが「かなりいい買い物をしたな」と自分で自分を褒めたいくらいの教本でした。

 

ただ5年後の自分にとって良い本という意味で、絵を描き始めて1年目の自分がこの本を買って「上手く使いこなせたか?」

と考えると、それは難しいように感じます。

ある程度の「画力」・「人体構造に関する知識」が必要になる本といった印象です。

 


 

見本の絵の数はルーミスより多く、クロッキーのような「線画」で描かれた絵なので、とても見やすい絵です。

 

イメージとしては、「立体的な絵を描く」「人体構造の理解」の2つの目的がある本で、筋肉や骨の形状から動き方までがわかりやすい見本ともに紹介されている良書です。

 

 

一応中級者向けの教本なので、「買っても使いこなせない」「本が分厚くてやる気が起きない」なんてことになると勿体無いので、

初心者の方は、「モルフォ人体デッサン ミニシリーズ」というコミックサイズの小さい本があるので、そちらを買うことをおすすめします。

 

「モルフォ人体デッサン ミニシリーズ」には2種類あります。

1、「箱と円筒で描く」 モルフォ人体デッサン ミニシリーズ

 

2、「骨から描く」 モルフォ人体デッサン ミニシリーズ

初心者の人には、1の「箱と円筒で描く」という方をおすすめします。

 

 

マイケル・ハンプトンの人体の描き方: 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン

私にとっては、まさに絵の「教科書」です。

それくらいに、影響力があり、画力向上の手助けをしてくれた本です。

 

ですが、この本のレビューを見ると、賛否両論です。

なぜ「否」の意見があるのかと言うと、それはこの本の難しさがそうさせているのだと思います。

 


 

人の身体の各部位ごとに深くまで理解していく本で、「腕の骨はこうなっていて、筋肉はこうで、動くとこうなる」のように人体構造を学ぶ本です。

(全身を描くページは少しはあります)

 

難しい本だからこそ、この本の情報には価値があります。

上手い絵を描くのは誰でもできることではありません、そのためには簡単には理解できないようなことも学ばなければなりません。

 

高度なレベルで人体の構造を理解、他の人が真似でない技術と知識を身につけるためには、この本が一番です。

 

 

キャラクターの描き方を学ぶ

漫画やアニメのキャラクターの「顔や手の描き方」や「服のシワの表現の仕方」などにはお決まりの表現が多くあります。

人体構造だけ学んでも、漫画やアニメのキャラクターを描くことはできないので、それらの「パターン」を学ぶための教本をここで紹介します。

 

漫画やアニメの絵の「パターン」は、覚えるだけなので絵心はあまり関係ありません。

 

ちなみに人体構造を理解する教本より、はるかに難度が低い本なので先にこっちの本からやり始めるたほうが、挫折しにくいかもしれません。

 

スーパーマンガデッサン 作画のために考えるデッサン

スーパーマンガデッサンは、日本の漫画、イラストに使えるデッサン技法を学べる教本です。

私自身、漫画やイラストを描くのにかなり参考になった本です。

 

ですが、古い本なので絵柄などは、あまり参考にならないです。

 


 

この本から学べることは「絵柄」ではなく、「見ないで描く技術」です。

この本では、「じっくり見ながら描く」ことをデッサンと定義しています。

そして「見ないで描く」ことを漫画デッサンと読んでいます。

 

漫画を描くときに、毎回資料を使いながら絵を描くと膨大な時間を使うことになるので、短時間で絵を仕上げるためには、見ないで描く技術が必要になります。

 

そのための、「アタリ(丸にバッテン)の基本」「身体を描く方法」「キャラデザのテクニック」などを資料を見ないで描く技術が紹介されています。

 

この本は、鉛筆でアタリを描き、次に主線(しっかりと描いた下書き)を描くまでの流れが紹介されているので、どういう風に絵を描いていくのかの手順がわかります。

 

初心者の方はぜひ手にとって欲しい教本です。

 

(2018/10/5 現在Amazonで確認したところ、中古商品しかなかったので、そのうち買えなくなるかもしれないので、早めに買っておいたほうが良いかもしれません)

 

 

ヒロマサのお絵かき講座シリーズ

最近見た中では、「かなり初心者に寄り添った本」という印象があります。

初心者のうちにこの本に出会えていれば、もっと早い段階で初心者を抜け出していたんじゃないかと思いました。

 

ただこの本は、初心者向けの本なので、もうすでに絵がそこそこ描ける人には、必要ない本かもしれません。

絵のレベルが1の人がレベル10に最短で上がる効果はありますが、レベル10の人が使ってもレベルは上がらないと思います。

 


 

本の中は、漫画形式になっているので、分かりやすく短時間で読み終えることができます。

初心者の悩みを先回りして答えてくれるような本で、基本的なキャラクターの描き方を、一つずつ段階を踏んで説明してあるので、絵心がなくても理解できるようになっています。

 

そしてこの本からは、絵を描く上での「考え方」も学ぶことができます。

 

絵の初心者で「上達の壁」にぶつかってしまった方は、ぜひ手にとってみてください。

 

ちなみにこの「ヒロマサのお絵かき講座シリーズ」は3種類あります。

・顔の描き方編

 

・手の描き方編

 

・体の描き方編

おすすめは、顔の書き方編です。

やっぱり漫画やイラストを描き始めた人は、まずは顔が描けるようになりいと思うので、そこから始めると楽しんで絵を描くことができます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

参考になっていれば幸いです。

 

補足情報

1、人体構造を理解する本は、最初は「ルーミスのやさしい人物画」から買うことをおすすめします、それが終わったら次の教本に手をつけてみてください。

 

2、「ヒロマサのお絵かき講座シリーズ」で顔の書き方編がおすすめと描きましたが、体が描けるようになりたい人は、体の書き方編を買ってください。

 

3、どの教本にも言えることですが、買ったらまずページ全てを模写してください。

 

読んだだけで内容は理解できないので、描いて覚えましょう

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。