「30秒ドローイングに効果はない」その理由とは?

「30秒ドローイングって、よく聞くけど効果あんの?」

そんな疑問を持たれている方も多いと思います。

 

そこで今回は、30秒ドローイングに効果があるのかどうかをお話していきます。

 

30秒ドローイングとは

そもそも30秒ドローイングとは、このポーズマニアックと呼ばれるサイトで、30秒間で対象物を速写することを言います。

 

30秒ドローイングに効果はあるのか?

結論から言うと、「効果はあるが効率的な練習ではない」です。

30秒間と言う短い時間では、構造やサイズ、比率などを意識する時間がなく、それこそ無意識で線を追っているだけの状態になりがちです。

 

絵の上達に置いて重要なのは、常に考え構造や比率を意識して描くことなので、適当に殴り書きをしていても上手くはならないと思います。

 

例えるのなら、画力レベル1の人が、画力レベル2〜3くらいに上がるくらいの練習です。

ドラゴンクエストの序盤に出てくるスライムくらいの経験値しかありせん。

 

上でも話している通り、絵の上達は量より質なので、スライムと戦うくらいなら、もう少し強い敵と戦って経験値を獲得した方が効率的です。

 

ちなみに一般的なドローイングであれば、練習の効果は期待できます。

あくまでも30秒ドローイングは絵の練習として効果が低いと言う意味です。

30秒ドローイングで得られるもの

ただ絵を描いている以上は、下手になることもないし、全く成長しないといこともないです。

ただ30秒ドローイングには、2つのメリットがあります。

 

その1: ウォーミングアップには最適

短い時間で手を多く動かすので、何かを描き始める前にやると良いウォーミングアップになります。

また何も絵を描かない期間が続くとストローク(線の流れ)が衰えるので、衰えるのを防止するために、絵を描く予定が無いときなどは30秒ドローイングを数回やってみてもいいと思います。

 

その2: 早く素体を描くことができる

素早く描くことが求められるので、きっと早く素体を描く能力は少しは身につくと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

30秒ドローイングだけで絵が上手くなることはありません、模写やデッサン、解剖学の勉強など必要な能力や知識はたくさんあります。

それら全てがこの30秒ドローイングで身につく訳ではないので、この練習ばかりやるのはおすすめしません

ただウォーミングアップには効果的です。

 

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。